ホールディングプラント

を応援

苗
ジョーロ

「自分らしく生きる」

令和3年4月オープン

見学・体験

予約受付中

お問い合わせからも予約できます

​お問い合わせはコチラ

 
サーラのご紹介
赤い鳥左

放課後等デイサービス「サーラ」は、お子様と御家族の幸せを常に願い、「共に生きる」を支援していく事業所です。

花

サーラは公益社団法人日本国民高等学校協会の福祉事業部が運営する事業所です。

協会は95年前デンマークの「フォルケフォイスコーレ・生のための学校」をモデルに「開かれた農場教育」の場を設立し、長く人材育成に注力し国内外の社会貢献に寄与して来ました。

今後は「農福連携」の推進主体となり共生社会の実現に向け更なる努力と奉仕の精神を培ってまいります。

サーラの特長
 
蜂
特長①

サーラの事業所は自然豊かな日本農業実践学園の敷地内にあります。この環境を活かし本格的に「バイオセラピー」を療育に取り入れます。

​専門の研究機関と連携を図り得られた成果をデータ化しバイオセラピー学の発展に役立てます。

新たな成長
葉っぱ3.png
特長②

サーラは保護者支援に力を入れます。保護者の方にお子様に合った子育てのヒントを得ていただくためペアレントトレーニングを定期的に開催し又、保護者の方にセルフエステーム(自己価値観)が高められるように各種講座の開催も行います。

イチゴのバスケット
いちご
特長③

サーラのおやつは日本農業実践学園の加工部が毎日手作りしているものです。栄養士の先生が栄養バランスや食育を考慮し食材も新鮮で安心できるものを提供しています。美味しさにも定評があります。

果物
特長④

サーラの支援は心理教育を中心に個々の特性に合わせたプログラムを提供します。お子様の自主性を伸ばすため支援者はコーチング技法で対応します。又、保護者・学校・医療・相談事業所等との連携を密にはかりお子様やご家族にとってより良い支援を目指します。

お知らせ
青い鳥
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
管理者あいさつ
葉
てんとう虫

サーラは農業学校の中にあります。“農”という自然への積極的な触れ合いの要素を取り入れ、子どもの成長とともに大人も学び続けることを大切にしていきます。師弟同行(していどうぎょう)、学び合いの放デイです。

管理者 籾山 旭太

(日本農業実践学園長・農場長) 

 
 
それを投稿
概要
麦わら帽子

名称

放課後等デイサービス サーラ

所在地

〒319-0315

茨城県水戸市内原町1463-48

電話番号

029-350-2086

FAX

029-350-4110

営業時間

13:00~19:30(平日)

09:00~17:00(土・祝・学校長期休暇)

お電話でお問い合わせ
枝に鳥

営業時間:13:00~19:30(平日)

029-350-2086

9:00~17:00

(土・祝・学校長期休暇)

案山子